小さくお花見

今年もリハシャインに春がやってきました。

毎年、この時期は外出訓練で母智丘公園へお花見に行くのですが

今年は、新型感染症の影響もあり外出訓練を自粛しています。

そこで敷地内で何かできる事はないかと考え

リハシャインの敷地内で咲いている桜で「お花見」をしました。

天気にも恵まれてご利用者様は大変喜ばれていました。

今年は「小さくお花見」をしましたが

桜の花は「大きく」咲いていました。

左は玄関前のつつじが咲き、右は春のじゃがいもが顔を出しました。

以上、リハシャインからでした。

 

 

 

新年おめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も更なるリハビリ・作業活動向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

リハシャインでは毎年恒例の門松作りを年末から始めていました。

知り合いの所有する山へ竹を取りに行きます。

今年も太くて立派な竹を頂き、ますます良い一年になりそうな気がします。

竹を斜めにカットする作業はスタッフが行います。

切断した時に切り口が笑っているような感じになるようにカットします。

そして飾りつけはご利用者様にして頂きました。

「昔はよく作っていたから懐かしいよ」と昔話をしながら

慣れた手つきで皆様飾りつけをされていました。

あっという間に立派な門松が完成しました。

 

今年も皆様が健康で元気に楽しくリハシャインに来れますようにと願いを込めて作成しました。

 

以上、リハシャインからでした。

 

11月は世界に一つだけの皿作り教室をしました。

高城町から陶芸教室の先生に来て頂き皿づくりをしました。

30名程のご利用者様が参加され、それぞれ思い思いの皿を作成されていました。

あるご利用者様は、いつも娘にお世話になっており

言葉ではなかなか「ありがとう」と伝えるのは照れるからということで

皿の真ん中の大きく「感謝」という言葉を入れて作成されていました。

またあるご利用者様は、今年頑張った自分へのご褒美ということで

自分の名前の入った皿を作成されていました。

一人一人の思いの詰まった皿は、1ヵ月後に焼きあがります。

その時にまた、完成報告をしたいと思います。

 

11月は陶芸教室をしたり、調理訓練でホットケーキタピオカを作ってみたりと

11月も沢山のご利用様と一緒に楽しく大盛り上がりの一か月となりました。

 

来月は今年最後の月になりますので

作業や活動を通してさらに楽しく笑顔溢れるデイサービスを目指します。

以上リハシャインからでした。

今月は市役所の特別な許可を頂き川へ魚釣りに行きました。

都城市は海が無い為、海の魚(鯛やタコ)等は取れないですが近くに立派な川があります。

今回は、川魚(鯉やフナ)等が釣れることを目標に魚釣りに行ってきました。

天気にも恵まれ男性・女性関係なく多くのご利用者様が参加されました。

ある女性の方は、「40年ぶりに魚釣りに来たよ」

と昔話を楽しそうに話されている方もいれば

ある男性の方は、デイサービス内では必ず杖を使用して歩かれる方が

川を目の前にするとなぜか凹凸の芝生をスイスイ歩かれる男性ご利用者様。

スタッフが「杖忘れてますよ」との声掛けに

ご利用者様が笑顔で「あはは、魚が気になって忘れてたよ」

が動けばが動くとはまさしくこのことだと思います。

帰り道は皆様昔を思い出しながら

「ほんと楽しかった~。また行きたいね~」

大盛り上がりの釣り外出訓練となりました。

 

ちなみに今回の釣りの釣果は・・・

なんと1m50㎝程の・・・

竹が釣れました。

 

魚は見ることは出来なかったけれど

ご利用者様の素敵な笑顔が見れたのでとても良かったです。

 

また、次の目標に向けてご利用者様・スタッフと企画を進めていきます。

以上 リハシャインみやこんじょからでした。

 

 

 

 

 

8月のイベント活動として都城市で活動をされている堀之内聡子先生に来て頂き

「アイリッシュハープ演奏会」を開きました。

ご利用者様の中には初めてハープという楽器を見る方が多く興味深々に

ハープの素敵音色に皆様感動されていました。

昔の曲を演奏して頂き、みんなでいながらいながら

癒し時間を過ごしました。

演奏が終わってから最後にハープ演奏体験があり

ご利用者様・スタッフ参加でハープを触らせて頂きました。

あるご利用者様は「初めて触ったよ。この楽器で演奏するなんて凄いよ」

興奮ぎみにハープに触れていました。

皆様大喜びの特別演奏会となりました。

 

知っていることと近くで見て触れて実際に経験してみることの

差はとてもなく大きいと感じました。

 

今回、お忙しい中リハシャインに来て頂いた堀之内聡子先生に感謝です。

また、ぜひ機会があれば演奏会を開催できる日を楽しみしています。

 

以上 リハシャインみやこんじょからでした。

 

 

 

2ヵ月前から取り組み始めた看板作りが遂に完成しました。

その完成までの流れをお伝えしていきます。

きっかけはある利用者様より、「リハシャインの看板が寂しいがね」

との一言で始まり、ご利用者様と取り組み始めました。

デザイン作成から色付けまで、スタッフとご利用者様と

一緒に考えながら進めてきました。

「コツコツ丁寧に」を目標に多くのご利用者様が協力して完成まできました。

ある男性利用者様が

「道路に面した所に設置するから、カッコいい看板を作ろう」

と張り切って色付けをされていました。

完成した際は、達成感と感動と素敵な笑顔を見せてくれました。

晴れた日に無事設置完了しました。

カラフルな看板が付いたので明るい雰囲気になったような気がします。

今年の初めからリハシャインでは新しい活動の一つとして

ブルーベリー栽培を行っています。

鉢に植えてあり、普通の土とは違い弱酸性を好むので

ブルーベリーが好む環境をご利用者様とセッティングしました。

ご利用者様がデイサービスに来られた際に、水やりをして頂いています。

少しずつ成長するブルーベリーを楽しみに毎回来られている

ご利用者様が「小さくて可愛いね。食べるのがもったいないね」

笑顔ブルーベリーの世話をしています。

今回の収穫は2粒でしたが、

このは大きな進歩となりました。

ブルーベリーが収穫できるという自信がついて

次は倍の4粒収穫出来るように育てていこうとご利用者様と目標を立てています。

何事もコツコツ継続が大事です。

最終的な目標はリハシャインで収穫したブルーベリーで

ブルーベリージャムを作ることです。

 

以上リハシャインからでした。

超巨大アート完成!!

ついに超巨大アートが完成しました。

さかのぼること5か月前から作品作りが始まりました。

花紙を丸める作業から始まります。

段ボールに下書きをしてから

下書きに合わせて玉を張っていきます。

すごく簡単で楽しく取り組める作業ということで沢山のご利用者様が

協力しあいながら完成しました。

完成の最終日は、五十市中学校の生徒が職業体験ということで

一緒にご利用者様と作成しました。

そして、皆で完成した時は、拍手が起きました。

長い時間はかかりましたが、完成した時の達成感はとても嬉しいです。

「人は作業をすることで元気になれる」

今回使用した玉は約5千粒で縦70㎝2m30㎝となりました。

リハシャインのウォーターベットの上に展示していますので

遊びに来られた際は、ぜひ見に来て下さい。

 

先日、リハシャイン畑でジャガイモ掘りをしました。

 

ご利用者様もこの日を大変楽しみにされており、天気にも恵まれました。

なんと今年は過去最高収穫量100㎏採れました。

掘れば掘るほどジャガイモが出てくるので皆様大喜びでした。

総勢20名くらい参加され、大変盛り上がりました。

 

ご利用者様の中には、昔農家をされていた方が沢山いる為

皆様のアドバイスの力で立派なジャガイモとなりました。

今回採れたジャガイモはリハシャインでの調理訓練や地域の方へ配りたいと思います。

そして今度は夏野菜を植えます。

「人間は土を触れば元気になれる」と聞いたことがありますが

あれは本当ですね。

 

以上、リハシャインからでした。